よくあるご質問

よくあるご質問

2019-11-02 05:07:12   9

よくあるご質問1、移行の費用感を確認したい。  移行パターンが違って、費用感も違うので、各移行パタンにてはお問合せ下さい。➡移行パターン(3rdパーティSWの使用状況等)により費用感が異なりますので、個別にお問い合わせ願います。  2、移行の期間を確認したい。  移行設計があるため、小規模であっても、3ヶ月以上が必要であり、大規模の場1年以内で再構築は可能である。➡移

よくあるご質問

1、移行の費用感を確認したい。  移行パターンが違って、費用感も違うので、各移行パタンにてはお問合せ下さい。➡移行パターン(3rdパーティSWの使用状況等)により費用感が異なりますので、個別にお問い合わせ願います。  2、移行の期間を確認したい。  移行設計があるため、小規模であっても、3ヶ月以上が必要であり、大規模の場1年以内で再構築は可能である。➡移行設計期間が必要であり、小規模でも最低でも3ヶ月が必要となりなりますが、大規模の場合でも1年以内での対応が可能と考えております。  3、品質はどう担保するか?  1、豊富な移行経験に基づく、変換率の高い変換ツールを有する。2、移行前の現行システムと移行後の新システムに対して、現新比較テストを実施する。3、新規開発と違って、独特の移行開発プロセスにて管理する。➡弊社の豊富な経験に基づいた、弊社独自のCMS(CNC Migration Solutions)プロセス、変換効率の高い変換ツールの適用と現新比較テストの比較ツール適用により品質を確保します。  4、納期はどう担保するか?  1、新規開発と違うので、豊富な移行経験に基づく、完備な移行開発プロセスにて管理する。2、安定、変換率の高い、作成の時間かかる、変換ツールを有する。3、時間かかる現新比較テストに対して、生産性の高い比較ツールを有する。➡弊社の豊富な経験に基づいた弊社独自のCMS(CNC Migration Solutions)プロセスにて納期を担保させて頂きます。  5、性能問題を防ぐ方法を確認したい。  移行パターンが違って、性能問題の処置が違うので、各移行パタンにてはお問合せ下さい。➡移行パターン(OSやDBの種類等)により性能問題に対する処置方法も異なりますので、個別にお問い合わせ願います。

6、移行を成功させるもっとも重要なポイントは何か?  新規開発と違って、移行作業は独特の作業であり、高い専門性が求められる為、経験豊富な移行開発会社を利用活用することが重要と考えます。  7、現行システムに対しての資産分析を任せることができるか?  弊社の資産分析ツールにて、プログラムソースの相関関係、動き(ログ)を正確に分析できるため、正味資産、不足資産、不要資産を正確に把握できます。  8、単体テストの考え方は?  下記の進め方にて対応させて頂きます。1、現行テストデータを頂く。2、現行テストデータをベースに、現新比較テストを実施する。3、カバレッジツールにてテスト網羅性を把握し、十分なテストカバー率を確保する。4、操作ロジックが難しい場合、お客様から操作を教えて頂く場合がある。  9、どうやって機能改良するのか?  弊社では、下記の進め方にて、移行+機能改良の対応を考えております。1、移行と機能改良を2段階に分けて開発を計画・実施します。移行完了後、お客様にて確認頂いた後、機能改良に着手します。2、移行時に現新比較テストを行う事で、システム操作を理解するとともに、業務知識を得る事で、機能改良時に役立てれると考えております。3、既存機能の概要と改良仕様はお客様より説明して頂き、弊社にて理解させて頂きます。4、説明して頂いた仕様内容を把握し、一般的には詳細仕様を作成し開発・単体テストを実施します。その後、お客様にて受入テストして頂きます。

10、既存稼働システムから外部仕様書や内部仕様書を作成できるか?  移行パターンが違って、仕様書作成が違うので、各移行パタンにてはお問合せ下さい。➡移行パターン(既存資産状況等)にもよりますが、基本的には外部仕様書は業務知識や運用知識が重要な為、既存稼働システムからのリバースは難しいと考えております。内部仕様書(詳細仕様書)に関しては、移行パターンにもよりますが対応に関しては個別相談と考えておりますので、問い合わせ願います。